sanpo

散歩と山歩のキロク・どこまでの山に登れるか!

<< 仙元山ハイキングコース | main | 高麗山 >>
日和田山
0
    3連休中日の今日は埼玉の日和田山まで行ってきました!
    西武池袋線の武蔵横手駅からスタートです。


     
    武蔵横手駅を出て右へ行き、すぐの所を左に入っていきます。



    いい天気で良かった♪



    杉の木がいっぱいでてきました。
    花粉症には大変な道です。ここでは、マスクを装着してましたが、
    さすがに息苦しいのと暑いので取ってしまいました。
    薬を飲んできていたので、アレルギーは何とか大丈夫でした。
    五常の滝を過ぎて(ここは見に行かなかった)、ちょっとすると
    道標が出てきました。



    北向地蔵方面へ行きます。



    また杉の木だらけの道です。
    杉の葉っぱやら実やら、すっごい落ちてますゆう★



    しばらく緩やかな坂を登っていくと、こんなところに出てきました。



    この道標では、左に北向地蔵、反対側では、左方面に北向地蔵。
    どっちなの・・・。分からないので、この道標を信じていくことに。
    でも、結局分からなくなり、この場所へ戻り、
    逆側の北向地蔵と書いてあるほうへ歩いていきました。



    結構きつい坂(慣れた人には大したことがない坂でしょう)を登ったら
    出てきました!北向地蔵!

    そして、ここで、また失敗。
    歩いていたおじさんの方へついていってしまい、また道を間違えました。
    途中で引き返し、またここに戻ってきて、物見山方面へ。(ちゃんと地図を見ればいいのに)



    今度は間違えない!





    物見山山頂へ!



    着きました!物見山375m!
    ここで、ちょっと一休み。おやつを食べました。
    次は、高指山方面へ歩いて行きます。



    途中とても見晴らしのよい場所に出てきました。
    富士山が見えます!



    途中のふじみやさんで、山バッジとアーモンドチョコを購入。
    山バッジは、物見山と日和田山のバッジです。ともに450円。



    しばらく歩いて行くと、高指山と日和田山に行く道標が出てきたのですが、
    高指山は、電波塔のところが入れなくなっていて、そのまま横の道を進んでしまいました。
    なんと、途中道っぽくないところに出てしまい、これは怪しいと思ってたら、
    ただ1週しただけ。なんか、間違える人も結構いるっぽいです。
    そして、なんだよー・・・って思いながら、歩いてたら捻挫してしまいましたkyu
    しばらく痛くて辛かったけど、なんとか大丈夫でした。

    さぁ、気を取り直して日和田山の山頂へ行きますよ!





    山頂へは、この岩場を登っていきます。
    結構キツイ!



    着いた!日和田山305m。



    ここの景色もまた素敵!写真では写ってないけど、スカイツリーも見えます!
    また、ここでおやつを食べて、さぁ下りです!
    下りも岩場なので、気を付けて下ります。



    金比羅神社では、休憩をする人たちでいっぱい。



    ここの鳥居から下まではすぐです。



    帰りは高麗駅から帰ります。
    1時間に2本しかない電車で、20分くらいここのベンチで待ってました。
    寒かったなー。




    今日のコースはこんな感じ。途中、道を間違えた箇所が3か所あります。
    今日は、トータルで16キロくらい歩いたみたいです。
    結構歩いたけど、足の疲れはない!だいぶ体力がついてきたみたい!

    今日のコースの参考にしたのは、下記の本です。
    ちゃんと、本の中身を見ておくんだったなー。そしたら道間違えなくて済んだのに。
    反省。。。







    山ガール ブログランキングへ
    | Hiking (Saitama) | 23:03 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする










    © Sanpo

    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE

    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    ブログランキング
    PR